に投稿 コメントを残す

オーテマチスピン主催「第8回 持ち込みボドゲ会」の模様(後編)

3/30(土)に開催されたオーテマチスピン主催の「持ち込みボドゲ会」は多数の方々にご参加頂きました。
テストプレイや持ち込んで頂いたボドゲで遊び、いつも以上の盛り上がりで予定終了時間をオーバーしてしまうイベントとなりました。

前半の模様は以下からご覧いただけます。

MSKD(マスクド)

▲オーテマチスピンのMSKD

オーテマチスピンの「MSKD(マスクド)」についてテストプレイさせて頂きました。
三つ巴となる「Moon」「Sun」「Dark」と無秩序な「Kaos」で構成された駒を並べて得点を競う2人用アブストラクトゲームです。

はじめこそ持ち駒を隠しておくギミックがあるのですが、結果的にはお互いが持つ駒は公開情報となっています。

駒の役割とそれぞれが持つ強さ(数値)を考慮しながら戦略と先見性が問われるゲームになっています。
強いプレイヤーが勝ち、負けたプレイヤーには悔しさを持って臨んで頂きたいゲームです。

1手先ではなく数手先を見極める力が必要になり、奥深いゲームになりそうだと感じています。
また、フェイクディガーで築いた独自のギミックも踏襲している部分があり、オーテマチスピンならではの色が出ている作品だとも感じます。

ブラウメア(仮)

▲オーテマチスピンの脱出ゲーム「ブラウメア」

オーテマチスピンのもう一つ作成中の協力・脱出ゲーム「ブラウメア」をテストプレイさせて頂きました。
多くの部分を構成中なので詳細は伏せさせて頂きますが、記憶の断片を集めて思い出の場所へ帰る脱出ゲームになっています。

「青い家」と「悪い夢」、そして「女の子」がキーワードのこのゲームは世界観も重要なものになっています。
物語(ゲーム)が進むと「悪い夢」に取り憑かれて脱出が困難になるギミックも検討中です。

今回のイベントに向けて一夜漬けで試作品を作った為、ハイパーロークオリティコンポーネントになってしまい申し訳ありませんでした…

たまたまスピンルームにあった不動産情報の裏紙に各種内容を書いていた為、みなさんに失笑をいただきましたが、ゲームについては真摯に取り組んで頂き大変助かりました。
ありがとうございましたm(_ _)m

▲問題となっている謎の文字

また、今回ご参加頂いた方々の間で問題となっていた謎の文字…
こちらは「ねずみ」と書きたかったのですが、「ね」と「み」がごっちゃになってしまっており、またそのことに気づいておりませんでした…
案の定、謎文字が公となり、再度、皆様から失笑を頂くこととなった次第でした。

持ち込んで頂いたボドゲ

皆様にご協力いただき、テストプレイの実施ができました。
その後は持ち込んで頂いたボドゲで遊ぶこととなりました。

マスカレード

▲正体隠匿系「マスカレード」

最近わかってきたのですが、アーリーはどうやら「正体隠匿系」が好きみたいです。
人狼はすぐに死んでしまうので得意ではないのですが、すぐに死なないタイプの正体隠匿系でしょうか。

マスカレードは誰かが脱落するわけではなくて、先に13ゴールドを獲得したプレイヤーの勝利というゲームです。
ただし、正体隠匿といっても自分の招待すらわからないのがこのゲームの面白いところです!

自分の正体となるカードは他のプレイヤーと交換したりすることで、手番が進むにつれて混乱してくるのです…
ただ、ハッタリが「通る」と自分の正体が「嘘」だとしてもゴールドを獲得することができます。

緊張するシーンもありますが、間違えたら間違えたで笑いに変わるので比較的爽やかに終わるゲームでした。

富士-脱出-

▲火山から逃げる「富士-脱出-」

燃え上がる火山からアイテムやスキルを活かして逃げ切るゲーム「富士-脱出-」で遊びました。
基本的にはダイスを使って進めていきますが、アイテムや各プレイヤーごとのスキルを使って助け合いながら進める協力ゲームです。

自分の両隣の人と逃げるための条件がバッティングしないように調整していくのですが、危機が迫ってくるとテンパって判断ミスをしてしまったり…

冷静さが求められるゲームに感じました。
コンポーネントは美しく、イラストも華やかでした。

シャドウレイダーズ

▲陣営に分かれて遊ぶ「シャドウレイダーズ」

最後にこちらも正体隠匿系で陣営に分かれてゲームを進める「シャドウレイダーズ」で遊びました。
ダイスを使ってゲームを進めていきますが、なんとここでもアーリーに事件が…

時間も遅くなり、頭も疲れてきていたのかもしれません。
アーリーは手番でダイスではなく何も書かれていない無地の四角い「トークン」を振っていました。

すぐに気づかずぼーっとするアーリーに皆様から3度目の失笑を頂いた次第です。

アーリーは天然ではありません、少し頭が疲れていただけです。

まとめ

今回はオーテマチスピン側は多数のテストプレイをして頂き本当にありがとうございました。
今後はゲムマへの追い込みもあり、こちらからのイベント提案というよりは皆様からのご要望に応じて開催していこうかと考えております。

開催してほしい日程などありましたらご連絡頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

製品情報

新着イベント