に投稿 コメントを残す

翔さん 主催の会社テーマボドゲ会に参加

3/20(水)は 翔さん 主催の「会社テーマボドゲ会」に参加しました。
会場は 株式会社フィードフォース さんのオフィス内にある空間で多数の参加者が遊べるとても広い空間でした!

短い時間しか参加できませんでしたが、いろいろなボドゲと翔さんの丁寧な対応で初心者・初参加の我々でも楽しく遊べました!

お花見!場所取りバトル

▲お花見の場所取りをしていく「お花見!場所取りバトル」

会社テーマボドゲ会ということで、会社テーマのボドゲで遊ばせて頂きました。

初めはタニシクラフトワークスさんの「お花見!場所取りバトル」で遊びました。

各プレイヤーはそれぞれお花見を企画する会社となって、より広い場所取りをしていきます。
ボードに散りばめられたマス目は場所によって桜の本数が異なり、より桜が多いポイントを場所取りできれば高得点!

そのほかにもお花見の参加者やみんなに振る舞う食べ物を多く獲得することでポイントを稼いでいきます。
特殊カードによって、他社の場所を横取りしたり様々な要素と実際の場所取りを連想させるリアルな設定に楽しく感情移入しながら遊べました!

現状のコンポーネントは多くの部分が手作りとのことでしたが、非常にクオリティが高く、またいろいろな印刷手段を活用するノウハウは製作者としてとても参考になりました。

人労

▲正体隠匿系の人狼..ではなく「人労」

正体隠匿系の定番ゲーム「人狼」ですが発音が同じだけど、実は会社テーマ、おにやんまさんのボドゲ「人労」で遊びました。

各プレイヤーはとある会社の社員となり各自が協力しながらプロジェクト遂行を目指します。
しかし、そんな会社にも働きたくな「プーさん」がおり、プロジェクト遂行を妨げていくわけです。

プーさんは人狼に相当していて、様々な手段で足を引っ張っていきます。
社員の勝利条件は「有休消化」など仕事以外の労りもしながらプロジェクト遂行をしていくことです。

休まずに働き続けてしまうと負けてしまうので、絶妙なバランスがとっても楽しいです!
また、人狼とは違いプレイヤーがすぐに脱落するわけではないので、初心者でも楽しみながら進められかと思いました。

プロジェクトを進めていくと、イベントもあってそのイベントに応じた「縛り」をしながらゲームを進めます。
今回は「社員に赤ちゃんが生まれた」というイベントによって赤ちゃん言葉で話さなければいけない縛りだったりプレイヤー同士を「ママ」と呼ばなければいけない縛りが発動しました。
ちょっと恥ずかったですがめちゃくちゃ盛り上がりました!

まとめ

ほかにも多数のボドゲがあり、皆さんかなりの盛り上がりでした。
我々は途中で退出させていただいたのですが、非常に名残惜しくもっと遊びたかったです…

また、会社テーマボドゲ会でしたが、特別のご好意で我々の「フェイクディガー」でも遊ばせて頂きました。
初めての参加にも関わらずいろいろとご丁寧にご対応頂き、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

製品情報

新着イベント